あっぷる通信 リンク集 通所リハビリテーション すだち
HOME>診療案内>疾患について

プライバシーポリシー


疾患について

いろんな疾患についてご紹介しています。

ロコモティブシンドロームとフレイル(虚弱)について

詳しくはこちら

モートン神経種・・・足趾の痛み、しびれ

足趾の痛みやしびれをきたす疾患の一つにモートン神経種(モートン病)があります。

足趾の知覚を支配している神経は足趾の間を通り、足趾の間で二股に分かれて趾間を支配しています。(図1)
幅の狭い靴やハイヒールを履くことで足趾の骨の間に神経が挟まれたり、扁平足にともなって足底と足趾間の靭帯との間に挟まれたりすることで神経が圧迫されて痛み、しびれを引き起こします。特に第2趾と第3趾、第3趾と第4趾の間は足趾と足趾の間が狭いため神経が傷害されやすくなっています。
症状としては歩行時の足趾間に放散する痛みやしびれです。典型的には、きつめの靴を履いたときに症状が出ますが、裸足で歩行した際に痛みが生じることもあります。診察では足趾の付け根の圧痛や足趾の間の感覚異常を認めます。MRIで圧迫によって腫れた神経を確認できることもありますが(図2)、確認できないことも多く、神経ブロック注射を行い、症状が改善するか否かで確定診断します。
治療としては神経ブロックのほかに、靴の指導やインソールを用いて、神経の圧迫を改善します。それでも症状が改善しないときには、手術で神経を切除することで症状を取り除きます。ただし、神経切除によって症状は改善しますが、足趾の触った感覚が弱くなるので、症状が強い場合のみ手術をお勧めしています。

医師  小松 史


図1

モートン神経種

図2

モートン神経種

疾患予防体操

疾患を予防する体操を動画で紹介しています。

エコノミークラス症候群予防体操

長く疲れる移動の合間に、立ったまま、座ったままで出来る体操です。


ロコモ体操

ロコモティブシンドロームを予防する体操です。
腰伸ばし、ハーフスクワット、立ち上がり、片足立ちの練習を行います。


腰痛体操

寝ながら、座ったまま、ゆっくり行いましょう。




© 2012 komatsu orthopedics clinic